この記事の所要時間: 220

こんにちは

マサたんです。

題名の言葉はマイバイブルである「スラムダンク」で、安西先生が言った言葉です。

1度目は、武石中学時代の三井 寿に!

神奈川県大会の決勝の試合終了間際まで負けており、あきらめかけてた三井に対して安西先生が発した言葉。

この言葉に奮起した三井が逆転シュートを決め、チームを優勝に導きました。

2度目は、湘北高校が全国高校インターハイで三連覇をしている山王高校と2回戦であたり、後半に20点差をつけられ、チーム全体に「負け」という文字がよぎった時、湘北高校の監督である安西先生が桜木 花道をベンチに戻した時に!

そして、桜木に秘策を伝え、桜木が起爆剤となり追い上げをみせます。

この言葉すごく好きなんです。

最後まで・・・希望をすてちゃいかん。

あきらめたら、そこで試合終了ですよ。

ビジネスだけでなく人生において「あきらめたら、そこで試合終了」だと思ってます。

「成功」の反意語は言葉の意味上では「失敗」ですが、ビジネス(人生)においては同意語だと思います。

では、「成功・失敗」の反意語は!

途中であきらめること実行にうつさないこと

だと思います。

失敗しても、そこから学べることがあると思います。 失敗を生かし、次のステップにつながっていきます。

でも、あきらめたり、実行にうつそうとしなければ、その時点で終了だと思います。

次のステップはなく、道は開けないでしょう。

あと1つ こちらもスラムダンクから

「負けたことがある」というのが、いつか大きな財産になる!

成功者の多くは、成功ばかりの道ではなかったと思います。

失敗、挫折もたくさん経験し、それでも途中であきらめずにやってきたから、今の地位があると思っています。

失敗、挫折した時こそ、これまでやってきたこと、なぜダメだったかを見直すチャンスではないでしょうか。

そして、次のステップにつなげていけばいいと思います。

僕の目標である社長は、1度会社を倒産させてます。

でも、今は福岡の一等地に自社ビルを建てています。

当時のことも暗い感じで話さないです。

その感じを見て、こっちがビックリしました。

失敗談もいつかは笑い話にできるように!

あきらめなければ、道はずっと続くのですから、明るい道を切り開くよう、今は日々精進ですね。

目標の人に少しでも近づけるように!

そして、納得いく自分の物語を描いていきます。

近日中にメルマガを配信する予定です。

ブログより一歩踏み込んだことを配信していきます。

また、ツール等のプレゼントも考えています。

よろしければ登録をお願いいたします。

⇒登録はこちらから

人気ブログランキング 今何位?

↓↓↓

こちらから