この記事の所要時間: 212

マサキです。

あなたは、色(カラー)が、
僕たちの心理状態に与える印象について、
考えたことありますでしょうか?

僕のこのブログデザインは5代目です。

4代目から「賢威6.2」を使用してます。

そして、4代目から大幅なデザインの変更をしたのですが、
色(カラー)が与える印象について、
その時に色々と考えました。

Fotolia_96811263_Subscription_Monthly_M-600x399

1代目と3代目は「青」をベースにしたデザインに、
2代目は「紫」をベースにしたデザインに、
そして、4代目と5代目は「赤」をベースにしました。

僕たちは無意識的に色(カラー)の影響をたくさん受けているのです。

色々なビジネスでも「色(カラー)の戦略」が取り入れられてます。

普段なにげなく見ている色でも、
そこには人の心理に影響するメッセージが込められているのです。

また、様々な公共物などについても、
その作り手側は「色がもたらす印象(イメージ効果)」
というものを考慮したうえで作っているケースがほとんどです。

それぞれの色の働きやどのように人に影響するのかを知っていれば、ビジネスでも活用していけます。

ネットビジネスでもブログやLP(ランディングページ)のデザインなどに応用できます。

色にはどんな影響力があるのか

僕たちにとって「色はどんなに影響力があるのか!」ですが。

下記のようなことがあります。

Fotolia_63238628_XS_thumb

心理的な影響

色が人に与える心理的な影響としまして、下記のようなものがあります。

・暗記力

・認識力

・回想力

これらの力が増します。

また、色によって簡単に学習や誘導ができます。

・感情的な影響

僕たちの感情や気分は色によって大きく影響されることが多々あります。

例えば、赤色を見ると、前向きになれる、やる気が出る。

黄色を見ると、気分が明るくなる、判断力が上がる。

緑色を見ると、リラックス効果がある、集中力が上がる。

などなど。
色によって得ることができる効果はさまざまです。

Businessman at work

そして、ビジネスでも色はすごく重要な役割をはたしています。

ホームページやブログにしても、
コンテンツや記事は同じ内容でも、
色によって読者さんの滞在時間や再訪問してくれるかどうかが違ってきます。

なぜなら、人は目から得た情報によって心理的、生理的に影響をうけているからです。

次回の記事では、各色がもたらす効果について書いていきます。

メルマガを配信しています。

「0→1の壁」を突破するアフィリエイト実践講座

メルマガに登録する

ランキングに参加しています。

応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング