この記事の所要時間: 346

マサキです。

今回はリンク切れをチェックする必要性と、
チェックするためのツールをご紹介していきます。

link

リンク切れをチェックする必要性

リンク切れとは、ブログなどに設定してるリンクで、
リンク先のページが存在しなくなった状態のことを言います。

リンクをクリックすると、
「お探しのページが見つかりませんでした」や
「404 NotFound」といったページが表示されたことないでしょうか?

これは、リンク切れになっている証拠です。

では、なぜリンク切れを放置してはいけないのでしょうか!

その理由は、下記のことがあるからです。

SEO

読者さんを落胆させてしまう

これはよく経験するのですが、
他の方が書いたブログを読んでいて、
面白い内容だったので読み進めていき、
リンクの設定がされていたので、
リンクをクリックするとリンク切れだった。

こういう時って落胆が大きいです。

読者さんに優しいブログ作りをしないとですね。

SEO対策としてマイナスなのか?

GoogleやYahooなどの検索エンジンに上位表示されるためには、
リンク切れが多いサイトやブログではダメだと聞いたことがあるかもしれません。

結果から言いますと、「問題なし」です。

これはGoogleも言っています。

インターネットが発達し、
無料のブログサービスなどより簡単にページの追加や削除、 URLの変更ができる時代です。

URLが変更されたり削除されるということは、
当然Googleも十分把握しているわけです。

そんなことでサイトの評価を下げるようなことはしないということですね。

リンク切れで気をつけないといけないのは、
読者さんの落胆です。

リンク切れの多いブログやサイトだと、
読者さんが離れていくといった結果を招くおそれがあります。

これは防いでいかないとですね。

では、リンク切れをチェックする方法を2つご紹介します。

プラグインでチェックする

WordPressでブログを構築している場合、
この方法がオススメです。

「Broken Link Checker」というプラグインがあります。

「プラグイン」の「新規追加」から「Broken Link Checker」で検索してみてください。
※ここからの画像はクリックしていただくとズームアップします。

無題1

「Broken Link Checker」を「有効化」にすると、
すぐにチェックが始まります。

結果は「ダッシュボード」のページで確認をすることができます。

チェック

「ツール」の「リンクエラーをチェック」から、
エラーで検出されたリンクを「解除する」や「編集」などの操作ができます。

1

「Broken Link Checker」を有効にしておくだけで、
定期的にリンク切れのチェックをしてくれます。

初期設定は72時間ごとにチェックをしてくれます。

この時間の変更や詳細な設定は、
「設定」の「Broken Link Checker」の画面でおこなうことができます。

check

WordPressを使用していれば、
このプラグインを使用すればこと足ります。

dead-link-checker.com(リンクチェッカー)

こちらは、一般的な「リンク切れチェックツール」で、
サイトのURLを入力するだけでチェックしてくれる、
使い方も非常に簡単なツールになります。

まず、下記リンクをクリックして、「リンクチェッカー」を開きます。

http://www.dead-link-checker.com/ja/

「URL」にチェックしたいブログやサイトのURLを入力し、
「チェック」をクリックします。

リンク切れツール

すると、サイト内のリンク切れチェックが始まります。

エラーがある場合は、「エラー詳細」という部分に、エラー内容が表示されます。

エラー内容には、
「リンク切れがあるページと、リンク切れとなっているリンク(URL)情報」
が表示されています。

簡単にリンクの確認をできますが、
リンク数が多いと時間がかかるというデメリットがあります。

リンク切れが多いと、やはり印象が悪いブログになってしまいます。

定期的にリンク切れのチェックをして、
読者さんに優しいブログを作っていきましょう。

メルマガを配信しています。

「0→1の壁」を突破するアフィリエイト実践講座

メルマガに登録する

ランキングに参加しています。

応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング