この記事の所要時間: 259

マサキです。

ライティングに関する質問をよくいただきます。

アフィリエイトをやる上で、
ライティングは欠かせないスキルであり、
アフィリエイトの経験が浅い人ほど「記事を書く」という行為が難しいものです。

今回はブログやメルマガの記事を書く際に、
簡単に実践できるライティングテクニックをご紹介します。

Fotolia_84639458_S-615x410

そのライティングテクニックとは

今回ご紹介するライティングテクニックとは・・・

この記事で伝えたいことを冒頭で言ってしまう

ということです。

つまり、「結論(言いたいこと)」を冒頭で書き、
その「結論(言いたいこと)」にいたった理由を書いていくというテクニックです。

ほとんどの方がそうだと思うのですが、
まず「この記事で伝えたいこと」を考え、
その後に構成(ストーリー)を考えていっていると思います。

僕はほぼこの方法で記事を書いています。

そして、あなたはこのようなことありませんか?

「伝えたいこと」を記事の最後に書こうとし、
そこに至るまでのストーリーを書いていく。

書き終わってから読み返してみると、
話が色々な所にそれている。

結果、何度も記事の修正をする羽目になった。

僕は何度かあります。

記事を書いている途中で、
「何を伝えたいのかわからない内容になってきた」って思ってしまったこともあります。

「結論(言いたいこと)」を冒頭に書き、
それにいたった理由を書いていく構成にすると、
記事が書きやすくなります。

そして、記事を書くことに慣れていない人にとって、
「型」にはめて書いていったほうが簡単に記事が書けます。

最初から自由に記事を書くということはやはり難しいです。

伝えたいことがわからない記事になったり、
「結論(伝えたいこと)」へもっていくストーリーがめちゃくちゃになってしまう可能性があります。

このテクニックを意識すれば、
文章がまとまりやすくなります。

では、このテクニックのメリットを詳しくお伝えします。

「結論(伝えたいこと)」を冒頭で伝えることのメリット

メリットは先ほどもお伝えしましたが、
読者さんにとってすごく記事が読みやすい構成だと言えます。

メルマガで「件名」が気になりメルマガを開封したが、
その件名に関することがなく、
だらだらとストーリーが書かれている。

読者さんがストレスを感じてしまいます。

これはブログでも言えます。

Googleなどの検索エンジンからブログに訪れてくれた読者さんが、
記事の冒頭部分を読んですぐに閉じたという結果になりかねません。

ブログがすぐに閉じられますと、
Googleなどの検索エンジンはいい評価をしないです。

SEO対策としてもマイナスになります。

結論(言いたいこと)を冒頭に持ってくることで、
まずはユーザーに「自分が探していた情報かどうか」を
判断してもらうようにしましょう。

結論を読んだ上で記事を読み進めてくれる人は、
その情報を詳しく知りたい人であり、
全文を読んでくれる可能性が高い人となるからです。

「結論(言いたいこと)」を冒頭で言ってしまうテクニックは、
人の関心をひきつけるという効果があり、
SEO対策のテクニックとしても有効です。

簡単に取り入れることができるテクニックですので、
ぜひ、取り入れてみてくださいね。

メルマガを配信しています。

「0→1の壁」を突破するアフィリエイト実践講座

メルマガに登録する

ランキングに参加しています。

応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング